勃起不全,原因,対策,ED治療

近年日本では、勃起不全の患者の数が年々増加しています。
以前であれば勃起不全は、中高年になってから身体の機能が衰えたことで発症するものというイメージがありましたが、
最近では20代の若い男性にも増えているのです。

 

そのことから、昔とは勃起不全になる原因が変わってきていると考えられます。
その原因で一番考えられるのは、生活習慣です。近年、生活習慣病にかかる人が増加しました。そのことと深く関係しています。

 

例えば生活習慣病は、食生活の乱れが強く関係しています。食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養の摂取量が減り、その代わり油や糖分といったカロリーが高い食事へと変わっていったのです。そのことで、高脂血症や糖尿病にかかる人が増えました。

 

このような食事から、必要な栄養が身体の隅々まで行き届いていないと言えます。

 

また運動不足により代謝が低下し、睡眠不足など生活リズムの乱れは、
自律神経の働きをも乱しています。このようなことが多くなった現代だからこそ、
勃起不全になる人が増えているのです。

 

つまり、勃起不全にはED治療薬が即効性がありますが、根本的な対策には生活習慣を見直し、
改善していく必要があるのです。